LocaChangeの使い方

iOS/Android デバイスで現在地を変更できますか? AR ゲームをプレイするときに歩かずにルートをカスタマイズするにはどうすればよいですか? LocaChange を使用すると、iOS/Android デバイスで GPS 位置情報を柔軟かつ簡単に偽装できます。 同時に、2 ポイント モードとマルチポイント モードを使用して、カスタム ルートで GPS の動きをシミュレートできます。

オペレーティング システムに応じて、以下を選択できます。

LocaChange のユーザーガイド(iOS システム)

 

パート 1: 始める

ステップ 1: LocaChange を起動する

コンピュータに LocaChange をインストールして起動します。 [開始] をクリックします。

start locachange

ステップ 2: デバイスを接続する

最初の接続: USB ケーブルを介して iOS デバイスをコンピュータに接続します。 次に、デバイスのロックを解除します。 iPhone でこのコンピュータを信頼するかどうかを尋ねられたら、[信頼] をタップします。 画面パスコードを再度入力して、このプロセスを完了します。

locachange connect ios device

2 番目の接続::初めて USB ケーブル経由でデバイスを正常に接続した後、次回は同じ WiFi ネットワークで iOS デバイスをコンピュータに接続することを直接選択できます。

注意:

  1. iOS デバイスとコンピューターは同じ WiFi に接続する必要があります。
  2. WiFi に接続するときは、常に iPhone/iPad/iPod touch の画面をオンにしてください。

locachange choose your device

ステップ 3: マップをロードする

マップの読み込みが開始されます。地図が正常に読み込まれると、地図上で自分の位置を見つけることができます。

locachange load map

 

パート 2: 1 クリックで GPS 位置を任意の場所に変更

ステップ 1: 地図上で目的地を選択します

右上隅にあるテレポート モードを選択します。 マウスをスクロールして地図を拡大・縮小し、目的地を選択できるようになりました。 または、左上隅に住所/GPS 座標を入力して目的地 (例: バンクーバー) を検索することもできます。

locachange select destination

ステップ 2: 1 クリックで GPS 位置を変更する

宛先を選択すると、サイドバーがポップアップ表示されます。 地名、座標、距離などの目的地情報を表示します。 [移動] をクリックします。

locachange change location with 1 click

あなたの所在地はすぐにバンクーバーに変更されます。 iPhone 上のすべての位置情報ベースのアプリケーションもバンクーバーに変更されます。

メモ
位置情報を回復したい場合は、iOS デバイスを再起動するだけで実際の位置情報を取得できます。

 

パート 3: GPS の動きをシミュレートする - ジャンプ テレポート モードによる

ステップ 1: ジャンプ テレポート モードを選択します

ジャンプテレポートルートをカスタマイズしたい場合は、以下を選択できます。 ジャンプテレポートモードです。

locachange choose jump teleport mode

ステップ 2: ジャンプ テレポート ルートを計画する

マップ上で通過したいジャンプ テレポート スポットを 1 つずつ選択します。 または、住所/GPS 座標を入力してスポットを設定します。

locachange select jumping teleport spots

ルートを選択した後、移動 をクリックして次のポイントにジャンプします。前のポイントと次のポイントを自由に切り替えることができます。

locachange jump to next point

ルートを終了する場合は、最後のポイントまでスキップして、[終了] をクリックします。

locachange end the route

また、ルートを開始する前にクールダウン後に自動ジャンプ にチェックを入れることもできます。チェックしたルートは、終了するまでクールダウン タイマーに基づいて次のポイントに自動的にジャンプします。 ルートが完了しました。

locachange tick auto jump

地図上を移動すると、iOS デバイスの GPS は遅延なく移動します。 完了すると音が鳴り、 ポップアップウィンドウが表示されます

locachange jump teleport route

 

パート 4: カスタマイズされたルートで GPS 移動をシミュレートする - 2 スポット モードによる

ステップ 1: 2 スポット モードを選択します

ルートをカスタマイズする場合は、右上隅にあるツースポット モードを選択できます。

locachange select two-spot mode

Step 2: Plan Two-spot Route

地図上の場所を目的地として正確に指定します。 検索ボックスに住所または座標を入力して目的地を選択することもできます。 選択した宛先がサイドバーに追加されます。 現在地と目的地の地名と座標を確認できます。

仮想ルートが 2 つの場所を往復する回数を設定できるようになりました。 速度バーをドラッグして、移動速度をカスタマイズします。

locachange select destination

すべての設定が完了したら、[移動 ] をクリックして動きのシミュレーションを開始します。 移動に応じて距離と時間が変化するのがわかります。

locachange start simulating the movement

地図上を移動すると、iOS デバイスの GPS は遅延なく移動します。 完了すると音が鳴り、 ポップアップウィンドウが表示されます

locachange gps changed on the map

 

パート 5: カスタマイズされたルートで GPS 移動をシミュレートする - マルチスポット モードによる

ステップ 1: マルチスポット モードを選択します

複数のスポットを含むルートを計画する場合は、右上隅にあるマルチスポット モードを選択できます。

locachange select multi-spot mode

ステップ 2: マルチスポット ルートを計画する

地図上で通過したいスポットを 1 つずつ選択します。または、住所/GPS 座標を入力してスポットを設定します。

数値を入力して往復回数を設定します。 そして速度バーをドラッグして速度を設定します。 時間と速度を設定したら、移動をクリックして移動を開始します。

locachange plan virtual route to move along

LocaChange は、設定した速度で動きをシミュレートします。 すべての位置ベースの AR ゲームを歩くことなく楽しむことができます!

地図上を移動すると、iOS デバイスの GPS は遅延なく移動します。 完了すると音が鳴り、 ポップアップウィンドウが表示されます

locachange simulate route completed

メモ
ゲーム開発者に位置情報を偽装していると思われないようにするには、特定の道路沿いの目的地を選択することをお勧めします。

 

パート 6: GPS 位置のモック - ジョイスティック モードによる

ステップ 1: ジョイスティック モードを選択します

ジョイスティックを使用して GPS 位置情報を疑似的に表示したい場合は、右上隅にあるジョイスティック モードを選択できます。 ワンクリックで自動的に移動します。

locachange choose joystick mode

ステップ 2: 方向を設定する

360 度の方向を設定します。 方向 ボタンをクリックして、前進または後進に移動します。 リアルタイム行進で方向を変更できます。 または、W、A、S、D キー、または上、下、左、右キーを使用して、GPS スポットの移動を制御できます。

locachange choose joystick mode

LocaChange のユーザーガイド(Android システム)

LocaChange (Windows バージョン) および (Mac バージョン) は、ゲーム モードとソーシャル モードを備えた Android デバイスをサポートするようになりました。 Android ユーザー向けのガイドは次のとおりです。

 

パート 1. 始める

ステップ 1: LocaChange を起動する

LocaChange をインストールして起動し、[開始する] をクリックします。

start locachange

ステップ 2: デバイスを接続する

USB 接続または Wifi 接続を選択できます。

USB 接続: USB データ ケーブルを介して Android デバイスをコンピュータに接続し、USB 接続を選択します。

WiFi 接続: Android デバイスとコンピュータが同じ WiFi ネットワークに接続されていることを確認してから、WiFi 接続を選択できます。

locachange choose your device

ステップ 3: USB デバッグを開く

デバイスを選択したら、プログラムのガイドに従って USB デバッグを開いてください。

携帯電話の USB 接続モードがメディア転送プロトコルであることを確認します (LG 携帯電話の場合は、画像転送プロトコルとして設定する必要があります) )。 USB 接続モードを設定する手順は、携帯電話のブランドによって異なる場合があります。 一般的に、通知バーから抜け出して、USB 接続モードのオプションを見つけることができます。

locachange open usb debugging

ステップ 4: プログラムのガイドに従います

ビルド番号 (または「システム バージョン」) を 7 回タップして開発者モードを開き、開発者向けオプション を入力して検索し、 USB デバッグを開きます (一部の Android スマートフォンでは、[USB 経由でのアプリのインストールを許可する] をオンにする必要もあります)。

locachange change location turnon development mode

ステップ 5: USB デバッグを許可する

携帯電話でUSB デバッグを許可することを確認します。

locachange development allows debugging

デバイスにポップアップが表示されない場合は、[再度表示] をクリックすると表示されます。

locachange allow debugging

ステップ 6: モードを選択します

成功したら、モード選択インターフェイスに入り、使用するものを選択します。

ゲーム モード

注: ゲーム モードはPokémon GO ゲーム アクセサリのみをサポートします。

ステップ 1: 免責事項を確認します

免責事項を確認し、[ゲーム モード] をクリックしてゲーム モードに入ります。

locachange selec gaming mode

注: ゲーム モードは常に利用できるわけではありません。 サーバーがメンテナンスまたは更新されているとき、ユーザーにはテキスト プロンプトが表示されます。 そしてゲームモードに入ることができません。 この場合は、数分から数時間待ってから再度表示してください。

ステップ 2: モードを選択します

プログラムは読み込みプロセスを開始し、進行状況バーを表示します。 このときは、しばらくお待ちください。一部の携帯電話では確認と許可が必要なため、携帯電話を注意深く監視してください。

locachange select gaming mode loading

ステップ 3: これで準備は完了です。

読み込みが完了した後、ポップアップ [準備完了! ] が表示された場合は、携帯電話でゲーム アカウントにログインする必要がある場合があります。 一般的、 ポップアップは、初めてゲームを起動するときにのみ表示されます。 また、アカウントでサインインしてマップに入ると、自動的に消えます。

locachange gaming mode setting

ヒント

1. 非常にまれに、ユーザーがマップに遭遇しても、ゲーム内のアイテムがまったく表示されないことがあります。 以下の [今すぐ更新] をクリックして、ゲームを直接再起動してください。

locachange teleport mode

2. デバイスの閉じるボタン 「X」 をクリックしてデバイスを切断します。 [すべて切断] をクリックしてすべてのデバイスを切断し、ホーム ページに戻ります。

locachange android switch mode


ソーシャル モード

注: ソーシャル モードは、Google マップ、Facebook、WhatsApp など、ほとんどの位置情報ベースのアプリで動作します。

ステップ 1: モードを選択します

ソーシャル モードをクリックしてソーシャル モードに入ります。

select social mode

ステップ 2: LocaChange Assistant をインストールする

少しお待ちください。プログラムによってLocaChange Assistant が携帯電話にインストールされます。 (LocaChange Assistant は、Android 10 以降の携帯電話には表示されません。いつでも手動で起動したり操作したりする必要はありません。電話をオンにしておくだけです。)

インストールが完了したら、開発者向けオプション模擬位置情報アプリの選択を見つけて、LocaChange Assistant を選択します。

locachange turn on development option

ステップ 3: 動き始めます

それでは準備完了です。 便宜上、これらの権限設定を次回まで保存しておいてください。


 

パート 2: GPS 位置を変更する

ステップ 1: 地図上で目的地を選択します

右上隅にあるテレポート モードを選択します。 マウスをスクロールして地図を拡大・縮小し、目的地を選択できるようになりました。 または、左上隅に住所/GPS 座標を入力して目的地 (例: バンクーバー) を検索することもできます。

select destination

ステップ 2: 1 クリックで GPS 位置を変更する

目的地を選択すると、サイドバーがポップアップ表示されます。 地名、座標、距離などの目的地情報を表示します。 [移動] をクリックします。

locachange change location with 1 click

あなたの所在地はすぐにバンクーバーに変更されます。 Android デバイス上のすべての位置情報ベースのアプリケーションもバンクーバーに変更されます。

メモ
位置を回復したい場合は、Android デバイスを再起動するだけで実際の位置を取得できます。

 

パート 3: GPS の動きをシミュレートする - ジャンプ テレポート モードによる

ステップ 1: ジャンプ テレポート モードを選択します

ジャンプ テレポート ルートをカスタマイズしたい場合は、ジャンプ テレポート モードを選択できます。

locachange choose jump teleport mode

ステップ 2: ジャンプ テレポート ルートを計画する

マップ上で通過したいジャンプ テレポート スポットを 1 つずつ選択します。 または、住所/GPS 座標を入力してスポットを設定します。

locachange select jumping teleport spots

ルートを選択した後、[移動] をクリックして次のポイントにジャンプします。前のポイントと次のポイントを自由に切り替えることができます。

locachange jump to next point

ルートを終了する場合は、最後のポイントまでスキップして、[終了] をクリックします。

locachange end the route

また、ルートを開始する前にクールダウン後に自動ジャンプ にチェックを入れることもできます。チェックしたルートは、終了するまでクールダウン タイマーに基づいて次のポイントに自動的にジャンプします。 ルートが完了しました。

locachange tick auto jump

地図上を移動すると、Android デバイスの GPS は遅延なく移動します。 完了後、音が鳴り、 プロンプトのポップアップ ウィンドウが表示されます。

locachange jump teleport route


 

パート 4: カスタマイズされたルートで GPS 移動をシミュレートする - 2 スポット モードによる

ステップ 1: 2スポットモード

ルートをカスタマイズする場合は、右上隅にあるツースポット モードを選択できます。

locachange select two-spot mode

ステップ 2: 2 スポット ルートを計画する

地図上の場所を目的地として正確に指定します。 検索ボックスに住所または座標を入力して目的地を選択することもできます。 選択した宛先がサイドバーに追加されます。 現在地と目的地の地名と座標を確認できます。

仮想ルートが 2 つの場所を往復する回数を設定できるようになりました。 速度バーをドラッグして、移動速度をカスタマイズします。

locachange select destination

すべての設定が完了したら、[移動 ] をクリックして動きのシミュレーションを開始します。 移動に応じて距離と時間が変化するのがわかります。

locachange 2 spot mode move

地図上を移動すると、Android デバイスの GPS は遅延なく移動します。 完了後、音が鳴り、 プロンプトのポップアップ ウィンドウが表示されます。

locachange 2 spot route completed


 

パート 5: カスタマイズされたルートで GPS 移動をシミュレートする - マルチスポット モードによる

ステップ 1: マルチスポット モードを選択します

複数のスポットを含むルートを計画する場合は、右上隅にあるマルチスポット モードを選択できます。

locachange select multi-spot mode

ステップ 2: マルチスポット ルートを計画する

地図上で通過したい別のスポットを 1 つずつ選択します。 または、住所/GPS 座標を入力してスポットを設定します。

数値を入力して往復回数を設定します。 そして速度バーをドラッグして速度を設定します。 時間と速度を設定したら、[移動] をクリックして移動を開始します。

locachange plan virtual route to move along

LocaChange は、設定した速度で動きをシミュレートします。 すべての位置ベースの AR ゲームを歩くことなく楽しむことができます!

地図上を移動すると、Android デバイスの GPS は遅延なく移動します。 完了後、音が鳴り、 プロンプトのポップアップ ウィンドウが表示されます。

locachange simulate route completed

メモ
ゲーム開発者に位置情報を偽装していると思われないようにするには、特定の道路沿いの目的地を選択することをお勧めします。

 

パート 6: GPS 位置のモック - ジョイスティック モードによる

ステップ 1: ジョイスティック モードを選択します

ジョイスティックを使用して GPS 位置情報を疑似的に表示したい場合は、右上隅にあるジョイスティック モードを選択できます。 ワンクリックで自動的に移動します。

locachange choose joystick mode

ステップ 2: 方向を設定する

360 度の方向を設定します。 方向 ボタンをクリックして、前進または後進に移動します。 リアルタイム行進で方向を変更できます。 または、W、A、S、D キー、または上、下、左、右キーを使用して、GPS スポットの移動を制御できます。

locachange choose joystick mode


25% OFF