ポケモンGOで「位置情報を取得できません」エラー12が出た時の対策

無料ダウンロード 今すぐ購入
mobile menu

ポケモンGOで「位置情報を取得できません」エラー12が出た時の対策

June 11, 2024

時には、GPSの信号環境が悪いだけでなく、ポケモンGOのGPSジョイスティックを使って偽のGPSを利用しようとしても、エラー12が発生することがあります。今日は、ポケモンGOの「位置情報を取得できません」エラー12の原因と修正方法について説明します。

locachangeポケモンgoで「位置情報を取得できません」エラー12が出た時の対策

locachange gps位置情報変更

LocaChange - iPhone/Android GPS位置情報を変更

iPhoneやAndroidでポケモンGOの位置情報を、1クリックでどこへでも変更できる便利なアプリです。他の人気のあるARゲームやSNSアプリでもご利用いただけます。

無料ダウンロード

Part1.ポケモンGOで「位置情報を取得できません」エラー12が出た原因

1 Pokémon GO GPS偽装ツールの問題

携帯電話でポケモンGOのチートを利用したい場合、別の偽GPSアプリを使用する必要があります。ポケモンGOで位置情報を偽装すると主張するアプリは、しばしば期待通りに機能せず、代わりに快適にソファでゲームをプレイしようとすると、このエラーが発生し、ゲーム体験が悪化することがあります。

2 GPSがオフになっているか、または信号が弱い場合

ポケモンGOエラー12が発生する明らかな理由の1つは、デバイスの位置情報サービスがオフになっているか、信号が不十分であることです。
このため、ゲームの主要なコンセプトである歩いてポケモンを見つけるという体験が妨げられます。ただし、位置情報サービスが完全に無効になると、ゲームはユーザーの移動を検出できなくなるため、このエラーが表示されます。

3 偽装ロケーション機能が有効になっている場合

ポケモンGOエラー12が発生する明らかな理由の1つは、デバイスの位置情報サービスがオフになっているか、信号が不十分であることです。
このため、ゲームの主要なコンセプトである歩いてポケモンを見つけるという体験が妨げられます。ただし、位置情報サービスが完全に無効になると、ゲームはユーザーの移動を検出できなくなるため、このエラーが表示されます。

4 デバイスを探すオプションが有効になっています

iDeviceで「Find My iPhone」をオンにすると、Pokemon GoがGPS位置を使用できなくなります。そのため、電話画面に「Pokemon Goは位置を見つけられませんでした」というメッセージが表示されます。

5 デバイスを探すオプションが有効になっています

先述の4つの理由に加えて、エラーの原因となる他の理由も存在します。例えば、非互換のPokemon Goバージョンを使用している場合、先に述べたエラーが発生します。その時は、ポケモンGO公式のヘルプサポートに問い合わせることをおすすめします。

Part2.「100%安全」ポケモンGOで"位置情報が取得できません"エラー12が発生した際の最適な対処法-LocaChange

ポケモンGOのエラー12が発生した場合、再び楽しむための方法があります。ただし、このゲームは位置情報を利用するため、ポケモンを探すために外出する必要があります。もし移動が不便な場合は、別の解決策が必要です。
LocaChangeは、iOSとAndroid両方しようできる位置情報変更ツールです。物理的な移動を必要とせず、数回のクリックでGPSの位置を変更し、自宅から快適にお気に入りのARゲームをプレイできます。現在、iOS 17もサポートしています。以下は、それを行う方法です。

locachange

locachange location spoofer

LocaChange - GPS位置情報変更

LocaChangeでは、以下の機能でポケモンGOをより安定して楽しむことができます。

無料ダウンロード 購入する

利用可能なOS:

168,282人がダウンロードしました。

LocaChangeでポケモンGOの位置情報を変更する手順>>

Step 1. パソコンにLocaChangeをインストールする

無料ダウンロード

プライバシー保護 | 100%安全

locachange インストールする

Step 2. スマートフォンをパソコンに接続してLocaChangeとつなげる

locachangeマップを読み込む

Step 3. マップを読み込み、好きな場所へGPS位置情報を変更する

locachange 目的地を選択する

tips

Tips

LocaChangeで人気ARゲームの位置情報を変更する詳細のガイドはこちらでチェックしてください。

無料ダウンロード

【1対1専門技術サポート】 【プライバシー保護 | 100%安全】 【マルウェアなし | 広告なし】 【1対1専門技術サポート】 【プライバシー保護 | 100%安全】

今すぐ購入

30日間の返金保証

Part3. ポケモンGOで「位置情報を取得できません」エラー12が出た時の対策

1 「iPhone/Android」 位置情報サービスを有効にする

このエラーの最初の解決策は、デバイスで位置情報サービスを有効にすることです。これは、ポケモンがエラー12の位置情報を検出できなかったことを確認するための重要で簡単な方法であり、簡単かつ完璧に解決できます。プロセスを実行するための手順は次のとおりです。

iPhoneの場合>>

ステップ 1 デバイスで開発者オプションを有効にする<> これを行うには、デバイスの設定に移動し、「端末情報」を探します。「ソフトウェア情報」オプションが表示されます。それをタップすると、デバイスのビルド番号が表示されます。それを7回タップすると、開発者オプションが有効になります。

ステップ 2 「位置情報サービス」をオンにします。

locachange 目的地を選択する

Androidの場合>>

ステップ 1 デバイスで開発者オプションを有効にする
これを行うには、デバイスの設定に移動し、「端末情報」を探します。「ソフトウェア情報」オプションが表示されます。それをタップすると、デバイスのビルド番号が表示されます。それを7回タップすると、開発者オプションが有効になります。

ステップ 2 FakeGPS Goをインストールする
Google Playストアに移動し、FakeGPS Goアプリを検索します。その後、デバイスにインストールします。

fakegps goをインストールする

ステップ 3 Mock Locationアプリを有効にする
再び設定に移動し、開発者オプションを見つけます。それを開き、「Mock Locationアプリを選択」を選びます。次のメニューから、前のステップでインストールしたアプリを選択します。

ステップ 4 FakeGPSを起動する
それではポケモンを捕まえて楽しんでください!

tips

Tips

Android 9.0以降を使用している場合は、上記の手順でエラーを解決できます。しかし、Android 9.0より前のバージョンを使用している場合、位置検出失敗エラーを解決するためには、いくつかの追加手順が必要です。
位置情報の切り替えをオンにすると、4つのオプションが表示されます。その中から高精度モードを選択することで、エラーが解決されることが期待されます。
上記の手順を実行した後、もう一度ゲームをプレイしてみてください。それでもエラーが解決しない場合は、以下の修正手順を試してください。

2 「iPhone/Android」デバイスの偽の位置情報機能をオフにする

iPhoneの場合>>

名前の通り、iPhoneの組み込み機能を使って偽の場所を設定することです。また、ゲームが引き続き正常に動作することを保証します。

ステップ 1 デバイスの開発者向けオプションに移動します。開発者向けオプションを有効にするには、[設定]メニューから[端末情報]に進み、[ソフトウェア情報]を選択します。そこで、[ビルド番号]を7回タップしてください。これにより、モックロケーションが有効になります。

ステップ 2 Playストアで無料のアプリケーションである偽のGPSを簡単に見つけてインストールします。

ステップ 3 アプリケーションを起動すると、手間がかからずに簡単にPokémon GOを楽しむことができます。これにより、Pokémon GOがロケーション12の偽のGPSエラーを検出できないようになります。

Androidの場合>>

Androidデバイスで偽の位置情報機能を無効にするには、まずデバイスで開発者モードを有効にする必要があります。以下の手順に従ってください。

ステップ 1 「設定」を開き、「一般」を選択します。その後、「端末情報」を選びます。

ステップ 2 「ビルド番号」という項目を探し出します。開発者向けオプションを有効にするには、この項目を7回タップする必要があります。 (MIUIデバイスの場合、MIUIバージョンを約7〜10回タップする必要があります。)

fakegps goをインストールする

ステップ 3 タップを続けると、「これで開発者になりました!」というメッセージが表示され、設定が完了したことが示されます。システム設定を開くと、「開発者向けオプション」という項目が新たに追加されていることに気付くでしょう。「開発者向けオプション」を選択し、「仮の現在地の情報アプリを選択」までスクロールダウンします。「仮の現在地の情報アプリが設定されていません」と表示されているはずです。それ以外の場合は、表示しないを選択してください。

fakegps goをインストールする

ステップ 4 再度ゲームをプレイしてみてください。もしもなおも「位置12の検出に失敗しました」というエラーが表示される場合は、次の手順に進んでください。

3 「iPhone/Android」デバイスの偽の位置情報機能をオフにする

ポケモンGOのチートアプリを使用していて、Nianticに検出された場合、安全性ネットを回避できるポケモンスプーファーを見つける必要があります。まず、Androidデバイスをroot化する必要があります。手順が少し必要ですが、それだけの価値はあります。ちなみに、禁止される可能性は低いです。

ステップ 1 Androidデバイスをルート化し、携帯電話にSmali Patcherモジュールをインストールします。

ステップ 2 携帯電話でGPSジョイスティックを開き、プライバシーモード - 生成を選択します。新しいコピーを生成し、名前を付けます。[このソースを許可する]をクリックして、携帯電話にインストールします。

ステップ 3 このコピーを開き、すべてを無効にします。

ステップ 4 Magiskを開き、Magiskを非表示にし、Pokémon GOを確認し、SafetyNetステータスを確認します。

ステップ 5 再度位置情報をオンにし、GPSジョイスティックのコピーを開くと、安全に目的地に移動できます。

4 ゲームからログアウトする

通常、ゲームの一部の機能が停止することがありますが、これは単にログアウトして再度ログインするだけで解決する可能性があります。Pokemon GOからログアウトする方法は次のとおりです。

ステップ 1 ゲームを開き、正常に起動したら、単にポケボールアイコンをタップします。

ステップ 2 その後、右上隅にある設定をタップします。

ステップ 3 下にスクロールしてサインアウトオプションを探し、それをクリックします。

ステップ 4 ログアウトが成功したら、再度ログインして、すべてがうまくいくかどうかを確認してください!

demo-img1
demo-img2
demo-img3

5 ゲームデータをクリアする

アプリは実行中に、一部のキャッシュやデータを収集することがあります。これらがデバイスに長時間残っていると、ゲーム全体のパフォーマンスに影響を与え、位置情報エラーが発生する可能性があります。そのため、エラーを解決するには、ゲームデータをクリアすることが効果的です。もし状況が改善しない場合、最後の手段としての選択肢となります。Pokemon GO のデータをリセットしてみてください。

ステップ 1 「設定」にアクセスし、「追加設定」を選択します。

ステップ 2 ページを下にスクロールして、「ストレージ」という項目を探します。そこで「アプリ」 > 「Pokémon GO」を選択し、キャッシュとデータをクリアします。

ゲームデータをクリアする

6 デバイスを再起動する

この方法は少し奇妙かもしれませんが、これまでの経験から、一時的に問題を解決するのに役立つことがあります。サーバーの位置情報がデバイスと一致していない可能性があります。デバイスを再起動すると、両者の位置情報が同期され、問題が解決されることがあります。

iPhoneの場合>>

ステップ 1 iPhone X/11/12 シリーズ以降の場合は、音量ボタンとサイドボタンのいずれかを長押しして電源オフ スライダーを表示させます。 スライダーを操作してデバイスの電源を切り、その後サイドボタンを再び長押ししてオンにします。

ステップ 2 iPhone SE (第 2 世代)/8/7/6 の場合は、サイドボタンを長押しして電源オフ スライダーを表示させます。 スライダーを操作してデバイスの電源を切り、その後サイドボタンを再び長押ししてオンにします。

ステップ 3 iPhone SE (第 1 世代)/5 以前の場合は、上部のボタンを長押しして電源オフ スライダーを表示させます。 スライダーを操作してデバイスの電源を切り、その後もう一度上部のボタンを長押ししてオンにします。

Androidの場合>>

Android デバイスでは、通常はデバイスの上部または右側にある電源ボタンを長押しし、「再起動」を選択してください。

locachange 目的地を選択する

まとめ

ポケモンGOが位置情報エラーを検出できない場合の原因と解決策を含め、すべてを説明しました。上記の手順に従えば、ゲームをスムーズにプレイできるようになります。
しかし、通常、このゲームではポケモンを見つけるために街を歩き回る必要があります。もし、手間を省きたい場合は、LocaChangeを利用してゲーム内で位置情報を偽装できます。これは、高速で安全、使いやすい、市場で入手可能な最高のツールです。

無料ダウンロード

【1対1専門技術サポート】 【プライバシー保護 | 100%安全】 【マルウェアなし | 広告なし】 【1対1専門技術サポート】 【プライバシー保護 | 100%安全】

今すぐ購入

30日間の返金保証

0 コメント

コメントしましょう !