ポケモンGOのソフトBAN解除とクールダウン完全ガイド

無料ダウンロード 今すぐ購入
mobile menu

ポケモンGOのソフトBAN解除とクールダウン完全ガイド

June 22, 2024

ポケモンGOは、その没入型の拡張現実ゲームと豊富なポケモンのコレクションで世界中のプレイヤーを魅了しています。熱心なトレーナーとして、ポケモンGOの仮想世界を何の妨げもなく隅々まで探索したいと思うことでしょう。しかし、ポケモンGOで位置偽装を行うとソフトBANに遭遇する可能性があります。
この記事では、ポケモンGOで位置偽装をしてもBANされない方法や、万が一ソフトBANを受けた場合の解除方法を詳しく説明します。また、クールダウンルールとその期間に関する詳細なガイドも提供し、ゲームプレイを最適化し、効率的で戦略的なプランニングを行うために役立てていただけます。

locachangeポケモンgoのソフトban解除とクールダウン完全ガイド

目次:

locachange gps位置情報変更

LocaChange - iPhone/Android GPS位置情報を変更

ポケモンGOなどの人気ARゲーム、SNSの位置情報活用アプリで位置変更できる。

無料ダウンロード

Part1.ポケモンGOのソフトBANとクールダウンとは?

user

クールダウンとは?
クールダウンとは、プレイヤーがゲーム内で特定のアクションを完了した後に待機しなければならない時間のことです。ポケストップの回転、ポケモンの捕獲、レイドでの戦闘など、さまざまなアクションに適用されます。この待機時間は移動距離に基づいて計算され、距離が長いほどクールダウン時間も長くなります。クールダウンは不正行為を防止し、ゲーム内のバランスを保つために重要な役割を果たしています。クールダウン期間を守ることで、トレーナーはペナルティを避け、報酬を最大化し、ゲームプレイをより良いものにすることができます。

author

ソフトBANとは?
ソフトBANは、ポケモンGOで運転中や移動中のプレイを防ぐための一時的な制限です。主な原因として、GPSの偽装、アカウントの共有、高速移動の3つが考えられます。ソフトBANは、プレイヤーが短時間で実際には到達できない距離を移動したと判断された場合に適用されます。ソフトBANの影響としては、アイテムが使用できなくなる、ジムを防衛するポケモンが消える、ジムを攻撃するポケモンがいなくなるなどがあります。自分がソフトBANされているか確認するためには、これらの影響が現れていないかチェックしましょう。

Part2.ポケモンGOでクールダウンとソフトBANの仕組みについて

user

ポケモンGOにおけるクールダウンの仕組みについて
ポケモンGOでは、不正行為を防ぐためにクールダウン機能が導入されています。GPSを利用しているため、複数のアクションを連続して行うと検知されることがあります。これを避けるためには、事前に設定された2つの位置間でクールダウン時間を待つ必要があります。この時間は2つの位置間の距離に基づいています。例えば、午後2時にA地点のジムでバトルを行った場合、B地点での次のアクションは午後4時以降に行うのが推奨されます。クールダウン時間を守ることで、ペナルティを避け、スムーズなプレイを楽しむことができます。

author

ポケモンGOのクールダウンはどのくらい続くのか?
ポケモンGOでは、ポケモンを捕まえたり、ジムバトルやレイドバトルを行ったりするとクールダウンが発生します。しかし、テレポートやポケモンの交換、タマゴの孵化などはクールダウンの対象にはなりません。重要なのは、どのチートアプリを使用してもクールダウンのルールは変わらないということです。チートアプリではクールダウンを無効にすることはできませんので、これを理解してゲームを楽しむことが大切です。

Christine

ソフトBANを受けるとどうなるのか?
ソフトBANを受けると、約12時間の制限がかかります。この期間中は、どのボールやきのみを使っても捕まえたポケモンが逃げてしまいます。また、ジムでのバトルやポケストップの利用も制限されます。しかし、これは最も軽い制裁であり、引き続きポケモンGOをプレイすることは可能です。

Part3.ポケモンGOでBANを回避するためのクールダウンの方法

ソフトBANを回避するためには、以下のクールダウンチャートを厳守することが重要です。クールダウンは移動距離と密接に関係しており、新しい位置で何かしらのアクションを起こす前には、クールダウン時間が終了している必要があります。物理的に動き回ってポケモンGOをプレイすることが最も確実ですが、ジョイスティックやテレポートを使用するプレイヤーは、位置偽装BANを避けるためにクールダウンルールに従うことで、ソフトBANのリスクを最小限に抑えることができます。クールダウン時間と移動距離の関係については、以下の表をご参照ください。

合計距離 待機期間 合計距離 待機期間
1 km 30秒 125 km 33 分
2 km 1 分 150 km 36 分
5 km 2 分 180 km 39 分
10 km 7 分 200 km 42 分
15 km 11 分 300 km 50 分
20 km 13 分 400 km 56 分
25 km 15 分 500 km 1時間
30 km 18 分 600 km 1時間12分
40 km 22 分 700 km 1時間18分
45 km 23 分 800 km 1時間24分
60 km 25 分 1000 km 1時間40分
80 km 27 分 1250 km 1時間50分
100 km 35 分 1266+ km 2時間

Part4.ポケモンGOでソフトBANの種類やその解除方法

ソフトBANの種類 発生条件 症状 解除方法
きのみBAN 30分以内にきのみを10個体×10回あたえる
・きのみは30分で10個体まで
・きのみは30分で1個体10回まで
画面上部に「ポケモンはもうきのみを欲しがっていないようだ。」と表示され、以降すべてのポケモンにきのみをあげられなくなります。 ポケモンごとにきのみを与え始めてから30分後に制限が解除されます。
ポケストップBAN 24時間以内にポケストップを1200回回すと発生 ポケストップやジムを回しても、アイテムやXPが入手できなくなります(レイドパスも含みます)。
→ポケストップを回そうとすると、しばらく時間をおいてから試してくださいと表示されます。
1時間ごとに回した回数がリセットされます。
捕獲BAN ①168時間で14000匹捕獲
②24時間で4800匹捕獲
①②を両方満たすと発生
ポケモンを捕まえる画面で逃げられます。 ①の解除方法は現在不明です。
②は1時間ごとに捕獲数がリセットされます。
高速移動捕獲BAN 新幹線のような高速移動時に発生 ポケモンを捕まえる画面で逃げられます。 高速移動を停止する。
ポケモン表示BAN 40km以上の速度で移動すると発生(GPSの乱れでも発生) 画面に「移動速度が速いためプレイが制限されています」と表示され、ポケモンがマップ上に一切表示されなくなります。 速度を40km以下にして、数秒間待ってください。
レアBAN ポケモンGOのアカウントを必要とする不正ツールを使用すると発生します。
利用者の多いIVGOでも発生するので、注意してください。
ミニリュウやヨーギラスなどのレアポケモンが見当たらなくなります。 不正ツールを使用せず、約1週間待ってください。

Part5.ポケモンGOでソフトBANされた時の解除方法

努力したにも関わらず、ポケモンGOでソフトBANされた場合でも、この制限を解除し、冒険を再開する方法があります。ポケモンGOの位置偽装やソフトBANの解除に関する情報を確認し、適切な対処を行うことで、再びゲームを楽しむことができます。

1 方法1: クールダウン期間を待つ

クールダウン期間を待つことも、ポケモンGOのプレイにおいて重要です。他の対策が効果を発揮しない場合は、提案されたクールダウン期間が終了するまで待つことが肝心です。安全な場所に移動する際には、余分な数分を確保することをお勧めします。

2 方法2: ペナルティの解除は待つだけ

ペナルティが解除されるまで、待つだけです。ペナルティの症状は時間が経過することで自然に軽減されます。一般的には、ソフトバンの場合、通常3〜4時間程度の待機でペナルティが解除されることが多いようです。

3 方法3: 車や電車内での利用は避ける

主なペナルティの原因は、高速移動中にゲームをプレイすることです。これによりBANされることはありませんが、ゲームのプレイが制限されるため、このような乗り物でのプレイは避けることをお勧めします。

4 方法4: ポケストップを繰り返し訪れる

ポケストップを連続して訪れることで、ソフトBANが解除される可能性があります。報酬を期待せずに、約40回程度ポケストップを回すと効果があるとされています。この方法は、具体的なメカニズムは不明ですが、サーバーの負荷に影響を与える可能性があるとされています。

5 方法5: 新しいアカウントを作成する

ソフトBANが確認された場合、新しいアカウントを作成することが推奨されます。スマートフォンからポケモンGOをアンインストールし、再インストール後、新しいアカウントでログインします。これにより、ソフトBANが解除される場合があります。

6 方法6: 最終手段は公式に問い合わせる

通常、ペナルティは1日程度で解除されることが多いですが、それでも解消されない場合は、公式にお問い合わせいただくこともできますので、ご安心ください。

これらの手段を取ることで、スムーズにソフトBANを解除し、ポケモンGOの冒険を迅速に再開できます。

Part6.「100%安全」ポケモンGOでソフトBANされない裏ワザ-LocaChange

もしポケモンGOで位置情報を操作するためのより高度な方法をお探しであれば、LocaChangeお試しください。

locachange

この強力なツールを利用することで、iPhoneを脱獄したり、Androidデバイスをroot化することなく、世界中のどこにでも場所を変更できます。ポケモンGOアプリ内で簡単にGPS位置を調整でき、直感的なジョイスティックモードを活用すれば、東京の賑やかな通りやパリの静かな風景、ニューヨーク市の活気あふれるポケストップなど、マップ上の任意の場所にゲーム内のキャラクターを移動させることができます。LocaChangeを使えば、世界があなたの遊び場に変わります。

locachange location spoofer

LocaChange - GPS位置情報変更

LocaChangeでは、以下の機能でポケモンGOをより安定して楽しむことができます。

無料ダウンロード 購入する

利用可能なOS:

168,282人がダウンロードしました。

LocaChangeでポケモンGOの位置情報を変更する手順>>

Step 1. パソコンにLocaChangeをインストールする

無料ダウンロード

プライバシー保護 | 100%安全

locachange インストールする

Step 2. スマートフォンをパソコンに接続してLocaChangeとつなげる

locachangeマップを読み込む

Step 3. マップを読み込み、好きな場所へGPS位置情報を変更する

locachange 目的地を選択する

tips

Tips

LocaChangeで人気ARゲームの位置情報を変更する詳細のガイドはこちらでチェックしてください。

無料ダウンロード

【1対1専門技術サポート】 【プライバシー保護 | 100%安全】 【マルウェアなし | 広告なし】 【1対1専門技術サポート】 【プライバシー保護 | 100%安全】

今すぐ購入

30日間の返金保証

Part7.ポケモンGOでクールダウンとソフトBANに関するよくある質問

question

質問1

クールダウンが発生する原因は何ですか?
ポケモンGOでの主なソフトBANの理由は、GPSの偽装、急激な位置移動、または運転中の急速な移動などがあります。また、アカウントの共有もクールダウンの要因となる場合があります。ポケモンGOでは、特定のゲーム内アクションがクールダウン(CD)を引き起こすことがあります。

それでは、どのようなプレイヤーの行動がクールダウンを引き起こす可能性があるのでしょうか? 以下に簡単なリストをご紹介しますので、ご参考ください。

  • 1. おこうやメルタンのふしぎなはこ、ルアーモジュール、特別なルアーなどを使用して野生のポケモンを捕まえた場合。
  • 2. エンカウント画面でボールを投げたとき。
  • 3. 野生のポケモンにきのみを与えたとき。
  • 4. スクリーンレーダーでジムの防衛ポケモンにきのみを与えたとき。
  • 5. ジムバトル中。
  • 6. ポケモンが逃げ出したとき、または捕まえようと失敗したとき。
  • 7. 野生のポケモンを捕まえたとき(おこうやルアー、ふしぎなはこから出現するポケモンを含む)。
  • 8. 捕獲画面でうっかりモンスターボールを落としたとき。
  • 9. 野生のポケモンやレイドにベリーを与えたとき。
  • 10. ポケストップを回したとき(回転制限に達した場合も含む)。
  • 11. ジムに防衛ポケモンを配置したとき。
  • 12. スクリーンレーダー内でジムディフェンダーに餌を与えたとき。
  • 13. ジムの防衛ポケモンと戦ったとき。
  • 14. ポケモンを逃がしたとき。
  • 15. GotchaやモンスターボールPlusを使用してポケストップを回したり、ポケモンを捕まえたりしたとき。
question

質問2

クールダウンを回避する方法は?
ポケモンGOでクールダウンを回避するために、以下のアクションを実行すると、警告なく自由に操作できます。さらに、特定の操作を行った場合でも、クールダウン時間を発生させることなく、自由に場所を移動できます。

それでは、どのようなプレイヤーの行動がクールダウンを引き起こす可能性があるのでしょうか? 以下に簡単なリストをご紹介しますので、ご参考ください。

  • 1. 新しい場所へテレポートする。
  • 2. 野生のポケモンと遭遇する。
  • 3. リモートでジムディフェンダーにベリーを与える。
  • 4. 卵を孵化させる
  • 5. 自動で歩行する
  • 6. クエストと週次報酬を受け取る。
  • 7. クエストで報酬のポケモンを捕まえる。
  • 8. スピードレイドを行う。
  • 9. プレゼントの交換と開封をする。
  • 10. ポケモンの交換と譲渡を行う。
  • 11. ポケモンを進化させる
  • 12. チームリーダーと戦う。
  • 13. ポケストップでルアーモジュールや特殊なルアーを購入する。
  • 14. コインやショップアイテムを購入する。
  • 15. ポケモンをパワーアップさせる。
  • 16. 報酬を受け取る。
  • 17. アバターの服装やアイテムを変更する。
  • 18. 無料のレイドパスを取得するためにレイドのあるジムを訪れる。
  • 19. ドーブルやパーティーハットをかぶったピカチュウなど、特定のポケモンを見つけて捕まえる。
  • 20. ボールを落とす。
question

質問3

ポケモンGOのクールダウンを中断するとどうなるのか?
ポケモンGOのクールダウンを無視すると、必ずソフトBANが発生します。ソフトBANがかかっているかどうかを確認するには、ゲーム内で何かアクションを起こした際に「後でもう一度試してください」というエラーメッセージが表示されるかどうかをチェックしてください。また、クールダウンの警告が複数回発生すると、アカウントが一時停止されます。この場合、ポケストップを回すと「再試行」エラーが表示され、ポケモンを捕まえることができなくなります。停止時間は通常30〜60分間続きます。
ポケモンGOの位置偽装を使っている場合、クールダウンを守らないとすぐにBANのリスクが高まります。位置偽装によるBANを避けるためには、クールダウン時間をしっかり守ることが重要です。クールダウンの解除方法やその時間についての詳細は、ポケモンGOのガイドラインを参照してください。
ポケモンGOでソフトBANが発生した場合の対策として、しばらくゲームをプレイせずに待つことが推奨されます。ポケモンの交換やアイテムの取得など、特定のアクションもクールダウンの影響を受けるため、注意が必要です。距離や時間に関する詳細な情報は、公式サイトやサポートページで確認できます。

question

質問4

ソフトBANと永久BANの違いは?
ソフトBANと永久BANには明確な違いがあります。永久BANはアカウントが完全に利用できなくなるのに対し、ソフトBANは一時的な機能制限がかかるだけです。ただし、ソフトBANを繰り返すと、永久BANに繋がる可能性があるため注意が必要です。
ソフトBAN:
ソフトBANは、特定の操作を行ったユーザーに一時的な機能制限を課すもので、不正行為とは異なります。アカウントが凍結されるわけではなく、時間が経てば機能制限は解除されますので、ご安心ください。ポケモンGOの位置偽装を利用する際、クールダウンを守らないとソフトBANになることがあります。このクールダウン時間をしっかり守ることで、ソフトBANを避けることができます。
永久BAN:
永久BANは、位置偽装や自動捕獲ツールなどの不正手段を使用した場合に課される措置で、アカウントが永久に利用停止になります。ポケモンGOでは、一度永久BANされると、そのアカウントを再度利用することはできませんので、注意が必要です。ポケモンGOの位置偽装を使ってBANされないようにするためには、クールダウンの時間や距離を守り、正しい方法でプレイすることが大切です。

question

質問5

捕獲BANについて
以前は比較的少ない捕獲数でBANされ、ポケモンの捕獲が制限されていましたが、現在は1日に1200匹まで捕獲できるように緩和されています。捕獲BANが発生すると、レイドボスのゲットチャレンジにも影響が出ますが、トレードは引き続き可能です。
ポケモンGOで位置偽装を使っている場合、クールダウンを守らないと捕獲BANに繋がることがあります。位置偽装によるBANを避けるためには、クールダウン時間をしっかり守り、適切な距離を移動することが重要です。ポケモンGOのクールダウンとは、位置を変更した際に新たな場所でアクションを行うまでに必要な待機時間のことです。このクールダウン時間を無視すると、ソフトBANが発生する可能性が高まります。
もしポケモンGOでBANされてしまった場合、ソフトBANの解除方法やクールダウンの解除方法については、公式サイトのガイドラインやサポートページを確認してください。位置偽装を用いてもBANされないようにするためには、クールダウンのルールを遵守し、安全にプレイすることが大切です。クールダウン時間や距離に関する詳細な情報も、公式サイトで確認することができます。

locachange インストールする

まとめ

ポケモンGOのソフトBANにより一時的にプレイが制限されることがありますが、適切な戦略とツールを使えば克服できます。クールダウン期間を守り、信頼性のあるLocaChangeを活用することで、Nianticのポリシーに準拠しつつ位置偽装によるBANを回避できます。ポケモンGOは魅力的なゲームですが、制限を突破したりクールダウンを回避したりする際に問題が発生することがあります。『LocaChange - GPS変更(iOS&Android)』を使えば、安全に高速移動の利点を享受できます。自宅からもポケモンGOを楽しみ、レアポケモンを捕まえたりバトルに参加したりしましょう。位置偽装については、下の「無料ダウンロード」ボタンからLocaChangeを試してみてください。

無料ダウンロード

1対1専門技術サポート プライバシー保護 | 100%安全 マルウェアなし | 広告なし 1対1専門技術サポート プライバシー保護 | 100%安全

今すぐ購入

30日間の返金保証

0 コメント

コメントしましょう !