iPhoneで居場所を相手にバレず、知られたくない時の方法

無料ダウンロード 今すぐ購入
mobile menu

iPhoneで居場所を相手にバレず、知られたくない時の方法

June 6, 2024

iPhoneは便利な機能が満載ですが、位置情報によって自分の居場所がバレてしまうと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。今回は、iPhoneで自分の居場所が相手にバレてしまうパターンと相手にバレずに居場所を偽装するアプリをご紹介します。

locachange iphone「探す」機能が使えない原因とその対処法

locachange gps位置情報変更

LocaChange - iPhone/Android GPS位置情報を変更

iPhoneやAndroidの位置情報を、1クリックでどこへでも変更できる便利なアプリです。ポケモンGOなどの人気のあるARゲームやSNSアプリでもご利用いただけます。

無料ダウンロード

Part1:[おすすめ]iPhoneで相手にバレずに居場所情報を変更するアプリ

iPhoneで相手にバレずに居場所情報を変更するアプリをお探しならLocaChangeがおすすめです。

locachange location spoofer

LocaChange - GPS位置情報変更

LocaChangeでは、以下の機能でGPS位置情報変更をより安定して楽しむことができます。

無料ダウンロード 購入する

利用可能なOS:

168,282人がダウンロードしました。

  • 脱獄不要、ポケモンGOモンハンNowなどほとんどの位置情報ARゲームまたはアプリで動作する。
  • 最大で10台のデバイスのGPS位置変更に対応できる。
  • 最新のiOS 17を含むiOS 7.0以降のすべてのiOSデバイスおよびAndroid 14で動作します。

Part2:iPhoneの居場所を相手にバレないようにする方法

1 iPhone/Android位置情報偽装アプリLocaChangeで位置を偽装する【一番おすすめ】

LocaChangeならワンクリックで位置情報をどこでも好きな場所に偽装することが可能です。簡単で手軽なため、最もおすすめな方法です。

LocaChangeでポケモンGOの位置情報を変更する手順>>

Step 1. パソコンにLocaChangeをインストールする

無料ダウンロード

プライバシー保護 | 100%安全

locachange インストールする

Step 2. スマートフォンをパソコンに接続してLocaChangeとつなげる

locachangeマップを読み込む

Step 3. マップを読み込み、好きな場所へGPS位置情報を変更する

locachange 目的地を選択する

tips

Tips

LocaChangeで人気ARゲームの位置情報を変更する詳細のガイドはこちらでチェックしてください。

無料ダウンロード

【1対1専門技術サポート】 【プライバシー保護 | 100%安全】 【マルウェアなし | 広告なし】 【1対1専門技術サポート】 【プライバシー保護 | 100%安全】

今すぐ購入

30日間の返金保証

2 iPhoneで位置情報サービスをオフにする

iPhoneの位置情報サービスをオフにするのも一つの方法です。位置情報は「設定」アプリ→「プライバシー」→「位置情報サービス」→「オフ」の順番でオフできます。

locachange iphoneで位置情報サービスをオフにする

3 「探す」機能をオフにする

「探す」機能を使って周りと位置情報をシェアしている場合は、「探す」機能をオフしましょう。「設定」アプリ→「ユーザー名」→「探す」→「位置情報を共有」をオフにします。

question

質問

iPhoneの【探す】機能をオフにするとバレるのか?

「探す」機能をオフにすると、位置情報が更新されなくなったり、位置情報の共有が停止したという通知が相手に届いたりすることがあります。必ずこのような通知があるわけではありませんが、通知が届く可能性はあると覚えておいたほうがよいでしょう。

4 「探す」機能をオフにする

ご家族で「ファミリー共有」を設定している場合は、設定をオフにしましょう。オフにしたい場合は「設定」アプリ→「ユーザー名」→「ファミリー共有」→「自分の名前をタップ」→「ファミリー共有の使用を停止」の順で設定可能です。

tips

Tips

100%成功! iPhone「探す」機能が使えない原因とその対処法はこちらでチェックしてください。

5 各アプリの位置情報利用設定を確認する

位置情報を利用するアプリをそれぞれ確認することも大切です。「設定」アプリ→「プライバシー」→「位置情報サービス」から、位置情報がオンになっているアプリを確認することができます。

locachange 各アプリの位置情報利用設定を確認する

6 利用頻度の高い位置情報をオフにする

「設定」アプリから位置情報サービス画面を開き、「システムサービス」→「利用頻度の高い位置情報」を開きます。「利用頻度の高い位置情報」がオンになっている場合、位置情報の履歴が記録され続けるため、こちらをオフにしておきましょう。

6 位置情報記録を削除

iPhoneに保存されている位置情報の記録を削除するのも有効的な手段です。「設定」アプリから「プライバシー」→「位置情報サービス」→「システムサービス」→「利用頻度の高い場所」をタップし「履歴を消去」をタップして削除しましょう。

locachange  iphone位置情報記録を削除

Part3:iPhoneで自分の居場所が相手にバレてしまうパターン

1.1 「探す」機能を使う

iPhone の「探す」アプリは家族や友達と位置情報を共有できるアプリです。この「探す」アプリの位置情報共有を「オン」にしたままだと、相手に自分の居場所がバレてしまいます。

locachange 「探す」機能を使う

1.2 位置情報の共有をしている場合

「探す」以外にも、位置情報が共有できるアプリを使用しているままだと、自分の居場所が相手に知られてしまいます。

1.3 SNSアプリの位置情報

InstagramやFacebook、XなどのSNSでは、位置情報を記載して投稿することができます。うっかり位置情報を載せたまま投稿してしまうと、相手に自分の居場所がバレてしまう原因となってしまいます。

locachange 「探す」機能を使う

1.4 写真で位置情報を記録された

AirDropなどを使ってiPhoneで撮影した写真を相手に送ると、写真を撮影した位置情報などの情報もそのまま共有されてしまいます。

1.5 Apple IDとパスワードを相手が知っている場合

あなたのApple IDとパスワードを知っている相手は、「探す」アプリで位置情報を確認できてしまいます。そのため、Apple IDとパスワードを共有している相手には、位置情報も知られていると思っておいたほうがよいでしょう。

locachange 「探す」機能を使う

まとめ

iPhoneで自分の居場所が相手にバレてしまうパターンと相手にバレずに居場所を偽装するアプリをご紹介しました。位置情報を偽装するなら、ワンクリックで位置情報をどこでも好きな場所に変更できるLocaChangeの利用がおすすめです。設定した地図上のルートで、カスタマイズした速度で位置情報を移動することができるため、怪しまれることもありません。ぜひLocaChangeをご活用ください。

無料ダウンロード

【1対1専門技術サポート】 【プライバシー保護 | 100%安全】 【マルウェアなし | 広告なし】 【1対1専門技術サポート】 【プライバシー保護 | 100%安全】

今すぐ購入

30日間の返金保証

0 コメント

コメントしましょう !